妖怪がもし本当にいたらきっと楽しいのでは?

突然ですが、科学的に証明されていない存在について皆様はどう思いですか?例えば冬の寒い時期にはあまり関係のない、幽霊(お化け)のような存在や宇宙人、そして妖怪などの類。私は幽霊は信じています。見たことなどございませんが、これだけ毎日たくさんの方が亡くなっているのだから、そう言う存在がいても驚くことではないと思います。宇宙人については正直半信半疑ですね。地球以外の惑星に生命が宿っているかもしれない、とは思いますが…。でも、夜空を見て、飛んでる飛行体を見るとあれUFOかもと思うこともしばしばありますね。結局ただの飛行機なのですが。未知なるものに人は心を奪われてしまうものなのでしょう。さてさて、最後に妖怪ですが、妖怪人気と言うのはいつの時代も高いものですね。私は幼少の頃に水木しげる先生の『ゲゲゲの鬼太郎』を見て、妖怪もいるかもしれないと思っています。最近では『妖怪ウォッチ』などで妖怪人気は衰える事はないでしょう。しかし、アニメを見て気づいたのですが、害の無い妖怪って少ないですね。うーん、座敷わらしとかならいてくれると嬉しいのですが。そんな妖怪達がたくさん出てくる、面白い作品『盗賊妖狐が現代に来たら、愛する彼女はヤンデレだった。かと思ったらツンデレに近いヤンデレだった。』を最近よく読んでいます。この物語にはたくさんの妖怪が出てくる上に主役の妖狐たちにイケメンが多いので、読んでいてとても楽しいのでおすすめしたいです。

妖怪がもし本当にいたらきっと楽しいのでは?