お年寄りを守れ!オレオレ詐欺対策の上をいく詐欺師に注意

騙されてしまう人が絶えない「オレオレ詐欺」。これだけ警察も金融機関も注意喚起しているのに、巧みにすり抜けてまで詐欺をする悪い人がいるという悲しい現実です。強盗などと違い被害者が差し出さなければ金銭をとられないという部分で、被害者側にも対策の余地がありそうに思えます。
他人事だと思っていましたが、私の実家にも旦那の実家にも似たような電話がかかってきていました。
詐欺が流行り始めた当初は、孫や息子のふりをしてお金を持ち出させるというパターンが多かったですが、警察の対応に対抗する型で今はこんな詐欺があるようです。
埼玉県春日部市に住む83歳の女性に、おいを名乗る男から「車の事故に遭った」という連絡がありました。女性は本人と連絡を取り、詐欺だと気づいたのです。もちろんお金を取られる事もありませんでした。詐欺を見破ったと安堵していた直後に「犯人を捕まえるために捜査に協力してほしい」と求めてきた警察官を装う電話を信じてしまい、現金100万円をだまし取られてしまったそうです。
詐欺の電話に気づいた人にだまされたふりをしてもらう「だまされたふり作戦」つまり、おとり捜査の協力が詐欺だったというわけです。人の親切心と世の風潮を逆手に取った新たな手口とみられています。
おとり捜査は実際あるようですが、通常は模造紙幣を使ってもらうといいます。
騙す方と騙される方の知恵比べの様になってしまっている「オレオレ詐欺」を今後減らす対策はあるのでしょうか。

お年寄りを守れ!オレオレ詐欺対策の上をいく詐欺師に注意

モーメントマグニチュードなどについて学業

地震について勉強をしました。地震の労力は地震を起こした震源断層の面積と断層の差異の嵩に比例し、また岩石のかたさも関係します。これらの嵩をもとに意味されたのがモーメントマグニチュードだ。1923時世の関東地震では、震源断層のがたいが130km×70km、断層の差異の嵩が階級2.1mでモーメントマグニチュードは7.9でした。実測史上最大の地震ですチリ地震(1960時世)は、極限振幅をもとにしたマグニチュードは8.5辺りでしたが、震源断層のがたいが800km×200km、断層の差異の嵩が階級25mですことから求めたモーメントマグニチュードは9.5であり、チリ地震の労力は関東地震のおよそ250ダブルの寸法であったことがわかります。大きな地震(本震)の後にひき続いて生まれる多くの地震を余震と効く、余震の起こった方面を余震範囲といいます。余震は1日に総締め百回も記録されることもありますが、その数は本震発生後の瞬間のやり方とともに急速に減っていきます。やけに勉強になりました。

モーメントマグニチュードなどについて学業